下半身を鍛えよう

アンチエイジング・・・いつまでも年は取りたくないものです。男性も女性もいつまでたっても若々しく力みなぎり、知力、体力、行動力。いつまでたってもエネルギッシュに動き回って、貪欲に思うまま生きられたらどんなに素晴らしいことでしょう。

永遠の若さは無理としても毎日の積み重ねで、若さを保つことはできるんです。そのコツや秘訣をこのサイトでは皆さんに紹介して、さらに皆で考えていけたらいいと思っています。

さて、それでは今回は下半身の鍛え方についてお話したいと思います。下半身強化・・・スポーツではほぼ下半身が大事です。どんなスポーツでも下半身の強さが基本となります。

下半身の強化、下半身の筋トレをして筋肉をつけて代謝をあげれば、血行が良くなって、さらには成長ホルモンが出てアンチエイジングの良い効果が得られるんです。

そこで下半身強化のために、今回はハムストリングスを鍛えていこうと思います。ハムストリングスとは太ももの裏側を縦に走る大きな筋肉のこと。主に、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋のことを言います。

下半身、脚の筋肉は大腿四頭筋とこのハムストリングスとあとはふくらはぎを指す「カーフ」を鍛えることが重要。ハムストリングを鍛えると、緩んだ太ももを引き締めてシャープな脚を作ることができるんです。

また、ハムストリングは脚の筋肉の中でも大きい筋肉なので、鍛えることで体全体の筋肉の量が増えて基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が高いと痩せやすい体、脂肪がつきにくい体ということになります。

では、ハムストリングの鍛え方ですが、まずは太ももの裏全体を伸ばすことからやっていきましょう。両足を伸ばして床に座り、状態をゆっくりと倒して手で脚のつま先をつかみます。(つかめない人はしっかりとハムストリングスが伸びるところまでで大丈夫。無理に伸ばして痛めないようにしましょう。)

しっかりと準備運動ができたら、「ヒップリフト」という種目でハムストリングスを鍛えます。

  1. 床にあおむけになって膝を曲げて寝ます。
  2. かかとを地面につけて、お尻を持ち上げて浮かせます。
  3. お尻が上がってまっすぐの状態を60秒間キープする。
  4. 元の体勢に戻していき、お尻を少し浮かせた状態でキープする。
  5. これを繰り返します。

負荷が弱くなって効かなくなってきたら、トレーニングチューブなどを使って負荷を上げて良きことで、効果的に鍛えることができます。さらにはフィットネスジムにはレッグカールというマシンがあるので、ウエイト(重り)を用いて鍛えることもできます。

このトレーニングをすることで、筋量アップ、基礎代謝アップ、アンチエイジング効果が期待できます。しかし、やりすぎは禁物。最初は週に2回くらいの無理のない程度から始めていきましょう。